軍刀利神社

愛しの大桂/軍刀利神社・上野原1

2015-10-08 08:52:23 | ・神社・お寺

2015.10.3

我が愛する軍刀利神社の大桂に逢いに行ってきました。

軍刀利神社へ行く前に、近くの「岩盾尾神社」へ寄りました。

面白い造りだなあ。この建築物、拝殿に向かって建っている神楽殿です。

石楯尾神社(相模原市緑区佐野川)

景行天皇庚戌40年(110年)、日本武尊東征のときに持ち来った天磐楯を東国鎮護のためここに鎮め、神武天皇を祀ったのが

始まりである。本来は巨石を祀っていたという。

江戸時代には武甲相三州から多くの民衆がお参りし、幼児の疳虫除けの祈祷を受けたという。

永禄12年(1569年)に武田信玄が小田原を攻めたとき焼かれたが、その後、再建されて今日に至っている。

幣殿、拝殿は1937年(昭和12年)に改築されたが本殿は室町時代の建築様式をよく伝えている。

本殿棟札には「天保7年(1836年)11月氏子中、調写、浄善石船、謹記」とある。神楽殿は弘化年間(1854年)に建てられたものである。

境内の「夫婦杉」。「くっつきすぎ」と書かれています(笑

棡原地区小伏の八幡神社では、「小伏の獅子舞」が奉納されていました。獅子舞を調べてみるのも面白いかもしれないなあ。。

その後、軍刀利神社へ

軍刀利神社・本殿

この位置から見たことがなく、本殿屋根はこんなに尖っていたのでした。

そして、屋根の天辺には、こんなお面が^^

新しい発見でした。その後、奥の院へ。

大桂・・・枝先の辺りが少し黄色くなっています。

いつ来ても、その大きさに圧倒されます。

全体が黄色く色付いて、一気に落葉するイメージを持っていましたが、どうやらこの大カツラは、黄葉と落葉が一緒のようで、

どんどん、ハラハラと葉っぱを落としていました。盛りの頃に比べると、すでに葉が少ないです。

この白い玉は・・・・・

いい時間を過ごしました^^

愛しの大桂/軍刀利神社・上野原2(生物たち)

2015-10-09 10:47:16 | ・植物

愛しの大桂/軍刀利神社・上野原の奥の院周辺で出逢った生物たちです。

ノギク

ノギクの同定は難しいみたいですね。シロヨメナ?カントウヨメナ?ユウガギク?

奥の院近くの川に掛かっている丸太の上

可愛い子たちがいっぱい^^

奥の院付近 ビックリした~。赤かった~^^

ジムグリ

ナミヘビ科ナメラ属のヘビ。無毒。全長70-100cm。体色は赤みがかった茶褐色。

平地から低山地の森林、草原、水辺等に棲む。地中や石の下によく潜ることが和名の由来。食性は動物食で、主に小型哺乳類を

食べる。特に地中のネズミの巣の中の赤子を好んで捕食すると言われる。

アサギマダラ

目の前に近づいても、必死にアザミの蜜を吸っていました。羽根はボロボロですね。

wikipediaには、2011年10月10日に和歌山県から放たれて、83日後に約2,500 km離れた香港で捕獲されたアサギマダラ

の写真が載っています。

キツネノマゴ

道端に生える小柄な雑草である。やや湿ったところを好む。夏に赤紫の小さな花をつける。

アキカラマツ?

なんの花だろうと思ったら、なんと、「ツユクサの実」でした。

「ツユクサ」って、あまりにも身近で、ちゃんと観察したことが無かった。よく見ると、花も可愛くて面白い形状ですね。。

キバナアキギリ

自然園で見たところでした^^

なんだろ?この形状は??? ノブキの種子でしたー。あちこちに沢山、立っていましたよ。面白い光景でした^^

ノブキ

キク科の草本。葉がフキにやや似ていて、地味な花を咲かせ、粘りけのある種子を付ける。

ノブキ こんな可愛い花でした。

更にアップ^^

フウロソウの仲間 タチフウロかなあ????

セキヤノアキチョウジ

ミズヒキ

コウシンヤマハッカ(カメバヒキオコシ)? イヌヤマハッカ?

同定難しいですねー^^;

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中