富士山本宮浅間大社

富士宮・浅間神社巡り1(富士山本宮浅間大社)

2016-08-30 09:00:55 | ・神社・お寺

2016.8.27

2015.12~2016.1にかけて「北口本宮冨士浅間神社」「新倉富士浅間神社」「河口浅間神社」「冨士御室浅間神社」と山梨側の

浅間神社へ行ったのですが、今回は富士宮周辺の浅間神社へ行ってきました。

新東名・新富士ICで降り、富士宮へ。富士宮駅北口周辺は、電線類地中化で街はスッキリ。私的に松本を思い出しました。

まずは、 全国に約1,300社ある浅間神社の総本社の「富士山本宮浅間大社」へ。表富士、何となく山梨側よりも明るいイメージ

ですね。でも、終日曇り~雨で残念ながら富士山は拝めませんでした。

浅間大社の駐車場に入れて、いったん外側を南下。浅間大社南へ。

大鳥居

駅前にあった大鳥居がこちらに移ったそうです。なんで駅前から撤去?と、ちょっと深調べしたら、なかなか複雑な事情があったようです。

大鳥居の中は建設工事中。こんな施設が建つようですよ。

富士山本宮浅間大社の位置です。

 

お宮横丁南にはこんなお宅が。私的に惹かれたので撮りました。

お宮横丁

こじんまりしてます^^ やっぱり「富士宮やきそば」ですね^^

浅間大社前付近。

それでは境内へと・・・。

表口富士開山

「鏡池」を渡り・・・

楼門 1604年(慶長9年)に、拝殿・舞殿・本殿とともに徳川 家康によって造営された建築物(県文化財)。

立派ですね。

幣殿・拝殿

拝殿正面

拝殿奥の「本殿」は、なんと二階建てのようです。

本殿脇より

すごいですね~。二階建てなんて。浅間造りというそうです。帰宅後、ブラタモリを観たら、やはり、とても珍しいようですね。

wikiによると、富士山本宮浅間大社の浅間造は、建立を行った徳川家康の「富士山が正面にみえる位置でお供えをしたい」

という意向を踏まえたものとされています。

ブラタモリでは、本殿一階部分の屋根が富士山の形になっていて(四方向に傾斜する寄棟造の屋根)、その上に載っている

二階部分は富士山の上方、「天上界」に神社がおられるイメージを表現していると紹介していました。

つづく~

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中